図書室より

 
図書室の図書検索がご利用いただけます。 図書検索

図書室の新着図書一覧がご利用いただけます。
 新着図書の他、「ベストリーダー」「ベスト予約」のコーナーで、最近の人気の図書が分かります。

新着図書


最近入荷した図書の中から、おすすめの著書をご紹介します。 おすすめの本


 

図書室より、利用方法やおすすめの本などをご案内します。

≪利用方法≫
図書カード 貸出には図書貸出カードが必要です。カードの作成は、図書貸出カード登録申込書に記入し、お名前とご住所の確認ができる書類(運転免許証、健康保険証、社員証など)を添えて受付カウンターへ提出ください。(作成は無料です)

貸出

・図書 1人 10冊 2週間以内
・ ビデオ・DVD 1人 5本 2週間以内


返却

・ 図書カウンターへお返しください。
・ ビデオは必ず巻き戻してください。
・ 休館日には、返却ポストをご利用ください。(ビデオは入れないでください)
・ ビデオ・DVD以外は、郵送で返却することもできます。(郵送料は、ご利用者の負担になります)

≪利用時間≫

平 日 : 9:00〜20:00
日 曜 : 9:00〜17:00
休館日 : サンフォルテ休館日(月曜日、祝日、年末年始)、蔵書点検期間、特別資料整理期間

※テーマを決めて図書室の本をご紹介する「男女共同参画図書ニュース(施設サポーター作成)」を3か月ごとに発行しています。
※情報を探すお手伝いをするため、「情報リーフレット」を作成しています。ご活用ください。
※図書室内の閲覧スペース、配架について、案内資料を用意しています。受付カウンターでお尋ねください。



■■男女共同参画図書ニュース「さん・さん ライブラリィ」■■

男女共同参画図書ニュース「さん・さん ライブラリィ」をご覧いただけます。
「さん・さん ライブラリィ」一覧へ


このページのトップへ
■■おすすめの本■■

図書室より、おすすめの著書をご紹介します。

タイトル

いま、翔び立つとき
女性をエンパワーすれば世界が変わる

著者・編者

メリンダ・ゲイツ
久保 陽子訳

出版元

光文社

分類

 女性学

請求記号

367.1 ゲ

  エンパワーとは、「人に夢や希望を与え、生きる力を湧き出させる」こと。世界最大慈善団体の共同議長メリンダ・ゲイツ(夫はビル・ゲイツ)が、女性や少女への国際的な支援を行い、女性の地位を向上させることは、世界全体の包括的な改善につながると訴えています。20年に及ぶ慈善活動の経験や、パワフルな女性たちの紹介をしながら、女性に関わる問題の現状と解決策を提案しています。
 エンパワーされる言葉が各所に散りばめられており、自然とパワーが溢れる本です。世界中の人々があらゆる支援を必要とし、エンパワーし合うことが大切となっている今だからこそ読んでいただきたい本です。



タイトル

これでもいいのだ

著者・編者

ジェーン・スー

出版元

中央公論新社

分類

 エッセイ

請求記号

914.6 ジ

 「思ってた未来とは違うけれど、これはこれで、いい感じ」
疲れた心にじんわりしみるエッセイ66篇。
 読み進めていくうちに、「わかるわかる、そうそう!」とSNSのいいね!ボタンを押すかのように、共感ボタンをどんどん押していました。
 仕事・健康・介護等悩みに対して、著者のプラス思考がクスッと笑え痛快です。この本を読んで、「これでもいいのだ」っと、フッと少し肩の力を抜いてみませんか?



タイトル

Dear GIRLS
自分らしく生きていくための28の言葉

著者・編者

朝日新聞「Dear Girls」取材班

出版元

朝日新聞出版

分類

 女性の生き方

請求記号

159.7 デ

 『男も女も、もう、望んでいない「らしさ」から解放されましょうよ。』作家川上未映子さんの本書内の言葉です。
 就職、結婚、妊娠、育児……と人生のさまざまなステージで悩むすべての人へのメッセージとして、俳優やコラムニスト等各界で活躍する著名な28人をインタビューし、まとめた本となります。
 本書を通して"自分らしく生きていく"ためのヒントをたくさん見つけてみてください。



タイトル

ママはかいぞく

著者・編者

カリーヌ・シュリュグ ぶん
レミ・サイヤール え

やまもと ともこ やく

出版元

光文社

分類

絵本

請求記号

E サ

 「ぼくのママはかいぞくなんだ。ふねのなまえは『カニなんてへっちゃら』ごう。」
 海賊のママは、最初の闘いでできた傷が胸にあります。海が荒れてすっかり酔って青い顔をして帰ってくる時もあります。海賊は、シラミがつかないように髪の毛をそって、きれいなバンダナを巻きます。
 ・・ここまで読んで、「もしかしたら」と思われた方もいらっしゃることでしょう。そう、この絵本は「暗く重く苦しくなりがちなテーマを、明るく、しかも現実に沿って描いている」のです。
 さあ、ママは無事に「宝の島」を見つけることができたのか? ママの冒険を、ぜひ見届けてください。