図書室より

図書室の図書検索がご利用いただけます。 図書検索

図書室の新着図書一覧がご利用いただけます。
 新着図書の他、「ベストリーダー」「ベスト予約」のコーナーで、最近の人気の図書が分かります。

新着図書


最近入荷した図書の中から、おすすめの著書をご紹介します。 おすすめの本

 

 

図書室より、利用方法やおすすめの本などをご案内します。

 
 
≪利用方法≫
図書カード 貸出には図書貸出カードが必要です。カードの作成は、図書貸出カード登録申込書に記入し、お名前とご住所の確認ができる書類(運転免許証、健康保険証、社員証など)を添えて受付カウンターへ提出ください。(作成は無料です)

貸出

・図書 1人 10冊 2週間以内
・ ビデオ・DVD 1人 5本 2週間以内


返却

・ 図書カウンターへお返しください。
・ ビデオは必ず巻き戻してください。
・ 休館日には、返却ポストをご利用ください。(ビデオは入れないでください)
・ ビデオ・DVD以外は、郵送で返却することもできます。(郵送料は、ご利用者の負担になります)

≪利用時間≫

平 日 : 9:00〜20:00
日 曜 : 9:00〜17:00
休館日 : サンフォルテ休館日(月曜日、祝日、年末年始)、蔵書点検期間、特別資料整理期間

※テーマを決めて図書室の本をご紹介する「男女共同参画図書ニュース(施設サポーター作成)」を3か月ごとに発行しています。
※情報を探すお手伝いをするため、「情報リーフレット」を作成しています。ご活用ください。
※図書室内の閲覧スペース、配架について、案内資料を用意しています。受付カウンターでお尋ねください。



■■男女共同参画図書ニュース「さん・さん ライブラリィ」■■

 

男女共同参画図書ニュース「さん・さん ライブラリィ」をご覧いただけます。
「さん・さん ライブラリィ」一覧へ


このページのトップへ
■■おすすめの本■■

図書室より、おすすめの著書をご紹介します。

 

タイトル

一心同体だった

著者・編者

山内 マリコ

出版元

光文社

分類

郷土本

請求記号

T913.6 ヤ

 10歳から40歳まで、それぞれの年代の女子の友情がテーマ。
 「小学生の頃って、こんなだったっけ?」と、遠い記憶をよびさましながら読みすすめるうちに、著者のすごさを思い知ります。年代も立場もバラバラで、私とは違った立ち位置にいるはずの主人公たち。彼女たちのモヤモヤした思いが語られるたび、「まったく同じことを考えたことがある!」と、イチイチ突き刺さってきます。個人を描いているはずなのに、今を生きる女性たちの思いが代弁されているのです。山内マリコ恐るべし。
 読み終わって、「ああ、これは、まちがいなく『わたしたちの物語』だ」と実感しました。



タイトル

どうにもとまらない歌謡曲

 七〇年代のジェンダー道

著者・編者

舌津 智之

出版元

ちくま書房

分類

 芸術

請求記号

767.8 ゼ

 この本は1970年代の歌謡曲を題材にしてジェンダーの側面から分析したものです。そして俎上に載せられるのは、フォークソング、歌謡曲、ニューミュージック(?)果ては演歌までと幅広い。70年代は結婚観やジェンダー観において時代の転換点だったと著者は言います。
 一見、甘いラブソングが性別役割分業意識に満ちていたり、どろどろの愛を歌った演歌が実は女性が自立に目覚める一歩だったりと、「そうだったのか!」「そんな解釈もできるよね!」という軽い知的興奮を味わえます。
 コーヒーを片手に、友達と語り合い、曲を口ずさみながら読むのに最適な本です。



タイトル

School girl

著者・編者

九段 理江

出版元

文藝春秋

分類

小説

請求記号

913.6 ク

 スマホ世代の娘が、ふと手に取った母所有の本を読むことで読書の意義に気づき、母を理解しようとする過程を丁寧に描いた作品。
 手に取った本は本作の元になっている太宰治の「女生徒」。九段版と太宰版。読み比べるのも楽しみな1冊です。
 併録の「悪い音楽」はいまどきの若者社会を音楽教師を通して描いた作品。テンポのよい文体でさくさく読めます



タイトル

自民党の女性認識
「イエ中心主義」の政治指向

著者・編者

 安藤 優子

出版元

 明石書店

分類

政治

請求記号

315.1 ア

 タイトルを見て、「よく、ここまではっきりと!」という驚きがまずありました。
 「女性に対する認識」が、昔から全く変化していない現実の政治の行き詰まり、そしてジェンダーの視点を欠いた経済政策の限界について、著者らしい語り口で、スパっと論じていきます。政治家の発言が問題になることもありますが、それらとの関わりについても、しっかりと述べられています。
 「よく、ここまで!」という思いと、一方では、著者がメディアでは、このような認識にあることを積極的に語る場面を見た記憶がなく、積極的に語ることができない壁が、どこかにあったのかもしれないと深読みしてしまいました。