図書室より

 
図書室の図書検索がご利用いただけます。 図書検索

図書室の新着図書一覧がご利用いただけます。
 新着図書の他、「ベストリーダー」「ベスト予約」のコーナーで、最近の人気の図書が分かります。

新着図書


最近入荷した図書の中から、おすすめの著書をご紹介します。 おすすめの本


 

図書室より、利用方法やおすすめの本などをご案内します。

≪利用方法≫
図書カード 貸出には図書貸出カードが必要です。カードの作成は、図書貸出カード登録申込書に記入し、お名前とご住所の確認ができる書類(運転免許証、健康保険証、社員証など)を添えて受付カウンターへ提出ください。(作成は無料です)

貸出

・図書 1人 10冊 2週間以内
・ ビデオ・DVD 1人 5本 2週間以内


返却

・ 図書カウンターへお返しください。
・ ビデオは必ず巻き戻してください。
・ 休館日には、返却ポストをご利用ください。(ビデオは入れないでください)
・ ビデオ・DVD以外は、郵送で返却することもできます。(郵送料は、ご利用者の負担になります)

≪利用時間≫

平 日 : 9:00〜20:00
日 曜 : 9:00〜17:00
休館日 : サンフォルテ休館日(月曜日、祝日、年末年始)、蔵書点検期間、特別資料整理期間

※テーマを決めて図書室の本をご紹介する「男女共同参画図書ニュース(施設サポーター作成)」を3か月ごとに発行しています。
※情報を探すお手伝いをするため、「情報リーフレット」を作成しています。ご活用ください。
※図書室内の閲覧スペース、配架について、案内資料を用意しています。受付カウンターでお尋ねください。



■■男女共同参画図書ニュース「さん・さん ライブラリィ」■■

男女共同参画図書ニュース「さん・さん ライブラリィ」をご覧いただけます。
「さん・さん ライブラリィ」一覧へ


このページのトップへ
■■おすすめの本■■

図書室より、おすすめの著書をご紹介します。

タイトル

82年生まれ、キム・ジヨン

著者・編者

チョ・ナムジュ

出版元

筑摩書房

分類

世界の文学

請求記号

929.1 チ

  韓国で社会現象にまで発展した本書は、家族3人でごく普通の生活を送っていた主人公が、少女時代を経て、出産、退職、育児疲れの中で精神を病んでしまうというストーリーです。女性の人生に立ちはだかる困難や差別を浮き彫りにし、「これは、まさに私の話です!」と日本でも多くの共感を呼んでいます。
  女性たちの絶望を描くだけでなく、女性を取り巻く環境を変えるきっかけになるような希望が込められた話題作です。ぜひ一読を。



タイトル

発明家になった女の子マッティ

著者・編者

エミリー・アーノルド・マッカリー

出版元

光村教育図書

分類

絵本

請求記号

E マ

  マッティは発明が大好きな女の子。お父さんの工具箱と、閃きをスケッチした発明ノートを手に、いろんなものを作ります。おもちゃや凧、足を温める道具やそりを作っては、家族や友だちを喜ばせていました。
  やがて働き始めた彼女は、いくつかの工場を渡り歩きながら発明を続けます。機械を見ては「もっとよくできるところはないか」と考え、亡くなるまでプロの発明家として活躍しました。
  「女性に発明する能力はない」という偏見をはねのけた女性発明家の実話を、ぜひお楽しみください。



タイトル

大丈夫。人間だからいろいろあって

著者・編者

香山 リカ

出版元

新日本出版社

分類

心理学

請求記号

146.8 カ

  人間関係や失敗・挫折、自分らしさなど、些細なことからトラウマまで、誰もがさまざまな悩みを抱えています。悩みすぎて「少し疲れたな」「なんだか心がスッキリしない」とモヤモヤしているなら、本書を開いてみてください。精神科医であり、心理学部の教授でもある香山リカさんによる、心がほんのり温かくなるエッセイです。
  ごはんが美味しかったなら今日はマルだし、「したい」「食べたい」と思ったことは我慢しないで実行してみていい。他人は他人、自分は自分。自分らしいのが一番。
  「あわてなくても大丈夫」という著者のささやきが、優しく背中をさすってくれます。



タイトル

没イチ
パートナーを亡くしてからの生き方

著者・編者

小谷 みどり

出版元

新潮社

分類

老い

請求記号

367.7 コ

  「没イチ」とは、配偶者を亡くして一人になってしまったことを指します。命名した著者自身も、ある日突然、夫を失いました。喪失感を抱えながら気づいたのは、今後、一人でどう生きていくかということ。残された人は死別後も生きていかなければならないのに、その問題は世間的にも見落とされがちでした。
  本書では、没イチになった人がどう立ち直り、新しい生活をスタートさせたのか、また、没イチになる前の準備や、終活についても、実際の体験談とともに紹介しています。悲しみを乗り越えるきっかけに、あるいは、他人事ではないと気づくきっかけになる一冊です。